スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太陽酒造

2007年09月08日 00:00

来月に迫ったコミュニティーの合宿に持参するお酒を仕入れてきました。

  行ったのはココ
      ↓
画像 120

母方のお祖母ちゃんの実家、太陽酒造。
年産わずか100石という全国で最も小さな蔵元です。
江戸時代より変わらぬ昔からの道具を使用した
100%手作りの伝統的な酒造りを守っています。
良い水と良い米、最小限の道具のみで作られた酒の品質は高く、
全国新酒鑑評会で金賞を受賞しています。
ここのお酒を扱っている酒屋はごく少なく、品切れのことも多いので
直接蔵元に買いに行ってきました。

敷地内はちょうど工事中だったので、画像は以前に撮ったものです。

画像 669

友人にも頼まれていたので、4合瓶を4本買いました。
太陽酒造のお酒はどれも超辛口で、
ワインでいうならばフルボディという味わい。
アルコール度数も高く、18~19度。
一般的な日本酒のつもりで飲みすぎると腰が抜けます。
私は飲みすぎというほど飲めません。
だって、ホントに辛い。このお酒。


画像 667


数少ない、太陽のお酒を取り扱っている酒屋さんにも行ってきました。
一緒に行った友人はこれの
4合瓶を1本蔵元で購入していました。
これがまた、ものすごいインパクトのあるお酒。
まさに、男酒。
私は飲めないなぁ~(^▽^;)


画像 670

そして、これはお気に入りの和歌山の雑賀梅酒。
さすがに遠くて買いにいけないのでネットで購入。
これがまた、すごく美味しい♪
ベースは日本酒。
甘くなく、スッキリしていて梅の香りが口いっぱいに広がります。
さすが梅の本場って感じの梅酒です!


画像 668

蔵元近くにある、江井ヶ島酒館にも寄ってきました。
その中にある日本徳利博物館がちょうど無料開放していたので、
見学もしてきました。
土器の時代の徳利から展示してあってなかなか興味をそそられます。
徳利にもいろんな形があって、びっくり。
明石の地ビールも買おうかと思いましたが、ビールは現地で冷えたものをと思い、踏みとどまる。


あとは、宴会の酒の肴を用意しないと~。
今日少しだけ買ったけど、もうちょっと充実させたいしなぁ。


関連記事


コメント

  1. ケロロ | URL | -

    Hello!

    ジュル・・・・
    あ・・・いかん  よだれが・・・・
    おいしいものはちょっとあれば
    もう幸せ~
    肴 本当に悩みますよね

  2. ヒカル | URL | -

    Res:

    ■ケロロちん
    お酒は赤石と梅酒を持って行きますね~。
    いろんなお酒を並べてチョットづつ味見、なんて合宿の時しかできないもんね。
    ケロロちん持参のお酒も楽しみにしてます♪
    肴・・・何にすっかなぁ~

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hikaru0225.blog82.fc2.com/tb.php/29-a9f0ef00
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。