スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛すべきフェスティバルホールと・・・

2008年03月31日 23:06

50年の歴史があるフェスティバルホールが
今年の秋、立替工事のため解体されるのをご存知でしょうか。
フェスティバルホールといえば音響が素晴らしいことで有名ですが
残響だけではなく、音がまろやかだといわれ
世界のトップミュージシャンから絶賛を受けています。

私が6年前初めてコンサートというものに行ったのが
ここ、フェスティバルホールでした。
その時は1階前から9列目で、ステージとの近さに驚いたものですが
もっと驚いたのが音はどの席でも均一だったということです。
昨日、初めてのコンサートと同じアーティストのコンサートがあったのですが
今回は後ろから数えたほうが早いくらいの席でした。
でも、音の良さは変わらない・・・!
後ろの方の席は急勾配になっていて、音だけではなくステージもよく見えます。
きっといろんな工夫をされてるのでしょうね。
新ホールに期待もありますが、
元の音響を実現できるのかどうか不安という声もあるでしょう。。。
解体前に、もう一度ここで聴くことが出来てよかった。

画像 1005


 二人の声を聴きに行ってきました。 
 

CDではなく、生の声が聴きたくて行ってきました。
二人の生の声は厚みがあって、幅があって、とても伸びやかで
そしてものすごい迫力があります。
そして、CDよりも上手い!
普通、CDが最高の出来であるものだと思うのですが
生の声を聴いた後は、CDは鼻歌程度にしか聴こえません。
フェスティバルホールの規模ならマイクなしでもOKじゃないかと思うほどです。
また聴きに行きたい・・・!と思います。(って、行くケドね)


関連記事


コメント

  1. さかな | URL | -

    ライブっていいっす!

    例え、CDよりも歌でも演奏でもヘタでも
    現場で聴くのは抜群だと思います
    やっぱ、生の臨場感はCDじゃ出ないと
    思います。
    っても、僕なんかここ数年、コンサートには
    行ってないんですけど・・・・・

  2. かすみ♪ | URL | -

    ここははじめまして^^;

    音楽を仕事にしている者の立場から一言説明☆
    「ライブに比べるとCDは鼻歌みたい」というのは確かにね~と思います。
    ただ、それには色々と理由があって・・・
    ライブ用とCD用では音の作り方が違うというのもひとつなんだけど、一番わかりやすいのはスピーカーの大きさが比べ物にならないこと。
    ホールのスピーカーは一般家庭の何十倍も大きいでしょ?
    それだけで、迫力の差はものすごいものになるのです。
    いい音はやっぱりプロが使ういいスピーカーじゃないとなかなか聴けないよね~

  3. ヒカル | URL | -

    さかなちん

    ライブって、素も見れるしホントに面白いですね。
    時々でもいいから行けるといいなぁ~って思います。

  4. ヒカル | URL | -

    かすみちゃ~ん♪

    ビックリした~(;^_^A
    ここ、見ててくれたんだ。

    ライブの後いつも感心するのは
    彼らの場合、出ない音も苦手な音域もなく
    CD以上の声を聴かせてくれること。
    それにスピーカーが加わったら無敵だよね~。
    歌のプロである、かすみからしたら当たり前のことかも?って思うけど
    売れてはいるけどあまり上手ではない歌手も多いもんね。
    実力が認められるってなかなか難しいよね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hikaru0225.blog82.fc2.com/tb.php/122-fa441791
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。